50歳を過ぎてマンモグラフィで乳がん検診を受けた方が良いと思い、市民病院の婦人科でマンモグラフィによる乳がん検診を受けました。実は今まで乳がん検診を受けたことがなかったのでかなり不安でした。マンモグラフィを受けた友人は、ものすごく引っ張られて挟まれてめちゃくちゃ痛かったと言っていたので痛みに弱い私はドキドキでした。

マンモグラフィの検査技師は女性でしたので、そう言う意味では恥ずかしさがなくてすごくホッとしました。そして乳房を片方ずつマンモグラフィの機械に挟んでいくのですが、確かにぎゅうぎゅう引っ張られてしっかり挟まれたのですが私の場合は結構脂肪がたっぷりの乳房だったためか、あまり痛みを感じずにすみました。片方が終わったらもう片方を撮影してもらい時間にすると15分ぐらいでかなり手早く済ませてもらえました。

マンモグラフィはその技師の方がどれだけ慣れているかによっても、痛みの強さなどが違うみたいです。私を担当してくれた技師さんは10年以上の経験があるとおっしゃってたのでかなり熟練した技術を持っているかただったようです。それゆえに痛みがなかったのだと確信しました。結果はその場では教えてもらえず、あとから主治医から電話連絡がありました。乳がんは見つからず健康な状態であることがわかり安心しました。